【速報】鳥インフル、千葉県匝瑳市と群馬県前橋市で確定、宮城県角田市で疑い事例も

千葉県匝瑳市で今季同市2例目の鳥インフル確定、採卵鶏約24万羽を殺処分

千葉県は27日午後2時、26日に鳥インフルエンザの疑い事例が確認された同県匝瑳市の採卵養鶏場の採卵鶏について、遺伝子検査の結果、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であると判定されたと発表しました。これを受けて千葉県では、この採卵養鶏場の採卵鶏の全数にあたる約24万羽の殺処分を開始しました。

千葉県による公式情報
https://www.pref.chiba.lg.jp/chikusan/toriinfluenza/r4hassei/230127.html

群馬県前橋市で今季同市3例目の鳥インフル確定、採卵鶏約5万3,000羽を殺処分

群馬県は27日、26日に鳥インフルエンザの疑い事例が確認された同県前橋市の採卵養鶏場の採卵鶏について、遺伝子検査の結果、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であると判定されたと発表しました。これを受けて群馬県では、この採卵養鶏場の採卵鶏の全数にあたる約5万3,000羽の殺処分を開始しました。群馬県では、同じく前橋市の別の採卵養鶏場で発生した、同県(同市)2例目の高病原性鳥インフルエンザにかかる防疫措置が同日午後5時に完了したばかりです。

群馬県による公式情報
https://www.pref.gunma.jp/page/181842.html

宮城県角田市のアヒル農場で鳥インフルの疑い事例、約1万2,000羽

宮城県は27日午後5時30分、同県角田市のアヒル農場で鳥インフルエンザの疑い事例が確認されたことを受け、宮城県特定家畜伝染病対策本部会議を開催しました。この会議で宮城県は、この農場のアヒルについて、28日に結果が判明する見通しの遺伝子検査で、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であるとの判定があり次第、直ちにこのアヒル農場のアヒルの全数にあたる約1万2,000羽の殺処分に着手することを決定しました。

宮城県による公式情報
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/boueki/05-real-tori.html

26日には埼玉県行田市と滋賀県大津市でも鳥インフル確定

26日には埼玉県行田市と滋賀県大津市の家禽飼養農場で高病原性鳥インフルエンザが確定しました。

埼玉県行田市では26日、家禽飼養農場のアヒル2,126羽が殺処分された後埋却され、同日午後4時に防疫措置を完了したということです。

滋賀県大津市では、26日、家禽飼養農場のエミュー6羽と、疫学関連農場の採卵鶏36羽の殺処分などの防疫措置が完了し、27日、同市内の焼却施設で、殺処分した遺体と卵、飼料、敷料など計660kgの焼却が行われました。滋賀県によりますと、焼却は約1時間40分程度で完了したということです。

埼玉県による公式情報
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0908/katikuboueki-top/230126hpai4giji.html

滋賀県による公式情報
https://www.pref.shiga.lg.jp/kensei/koho/e-shinbun/oshirase/329687.html

FMG音声メディア配信サービス(【ステレオ放送】試験配信)
作業中でもFMGの記事を取得できる「ながらメディア」の便利さをお試しください!

Caption Jingle:”Prompt Report” by table_1
BGM:”Dayly News” by Make a field Music
Ending Jingle:”モノローグⅡ” by Amacha

銀鮒の里アカウントログインユーザーのみができるコメント&トークで、さらに深めましょう!
銀鮒の里アカウントの取得はこちらから
https://ginbunaschool.funaan.org/account/information.html

コメント

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。